髪を結ぶとその束は寂しいくらい

がんらい薄毛で、髪を結ぶとその束は寂しいくらいにほっそり。奥様なのに前側は地肌が見えてしまってふとした禿頭実態でした。

シャンプーは四六時中、薬局などに並べる普通のシャンプーを通じていました。ただ極度の面倒くさがりで、シャンプー後はただただナチュラル乾燥。誰にも言えないけど、とにかく使わないしといったドライヤーを持っていなかったんです。
そういった私もアラサーになり、僅か頭髪ケアしてみようかなと思った一時、ぎゅっとお世話になっているエステティシャンのヤツから、オススメのシャンプーを教えてもらったんです。ブランドは「ラザルティーグ」。その方曰く「少し高いけど、髪レベルもかわって扱いやすくなるし、ぜひとも使ってみて下さい!」。半信半疑でしたが、とりあえず「ラザルティーグ」のカウンターへ赴き、ネゴシエーションしました。
地肌の実態を見てもらうと、なんともシャンプーのすきカスがあることがわかりました。詰まってしまうと、養分が髪に行き渡らないのでそれではこれを取るのがきっかけだそう。あとは絶対に干すようにと(笑)その時言われた「アナタさまの髪に代わってお願いいたします。

何とか何とかドライヤーで乾かして下さい」という言葉は、自分のスカルプにおける髪小人みたいなのが「そうそう!」「いつまで乾かさない意図ですー!」と言っていそうです極印象的でした(笑)

スカルプケアで停滞をとって、シャンプー&コンディショナーで備え付けるのが出だしの流れです。スカルプケアは週間に1〜3回、シャンプーの前に10パイほどマッサージをしながら擦り込むは。ずぼらなこちらですが、週間1も好ましいということでどうにかやり続けられました。

シャンプー&コンディショナーは誠実頭髪(パーマなどをしていない)用を。特に手の内で泡立ててから、泡で髪をすすぎます。コンディショナーは髪を小束として少しずつしっかり擦り込む傾向。シャンプー乗りはきしむんですけど、干すって今までと違う指通りにびっくりしました。

こういう頭髪助太刀を通じてから、どうにかビューティー院に行ったときの実例。いつものビューティー師くんが、髪を見るなり「あれ?など変えました?」、触って「あ、強制まで違う!どうしたんですか?」。薄毛でぺたんこでさびしさのある髪だったのが、ふっくら起きる元気な髪になっていたんだそうです!アドエア

髪の名手にここまで驚かれると、頑張ってきて良かったって思えます。髪が増えたわけではないのですが(少しは増えたかも?)、しばらくすると自分でもわかるくらいに容積感じが違ってきて、頭髪助太刀の重要性を感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です