表皮の角質がポロポロとはがれているのが分かりました

私の表皮は、乾燥肌と鋭敏表皮だ。常に、こういう表皮の本質に悩んでいました。

メークを洗い流すときに洗顔費用を使うという、洗顔直後、表皮が赤く炎症を起こし、よく見ると表皮の角質がポロポロとはがれているのが分かりました。そんな状態でメーク水や美容液をつけても表皮にしみてしまい、どうしようかと悩んでいました。

ポッキリその頃、身には生後半年になる長男がいたのですが、長男に訴える乳児の全体用の体躯ソープがまぶたに立ち寄りました。デリケートな表皮の乳児が使えるのなら、私の表皮もいただけるのかもしれないと願い、長男と同じボディーソープで洗うようになったのです。

乳児のボディーソープとしてみると、皮脂を少し記しながら洗顔できるので顔つきを洗ってもそこまでツッパリを感じません。

これまでの洗顔費用では、使用後、顔つきの皮脂が根こそぎ消え去り、表皮の水気をとっていくような感じで、顔を作るとシワができるのではないかというくらい表皮がつっぱっていました。今は、それが全くないので、表皮の炎症も無くなり、メーク水や美容液をしみずにたっぷりと付けることができます。

乳児の全体用の体躯ソープは、汗や表皮の染みを敢然と洗い流しながらも、乾燥肌になりやすい乳児につき、始終水気が保てるみたい考えて作られています。また、デリケートな乳児の表皮を考慮し無添加なので、鋭敏表皮の私でも安心して使えます。

高額な洗顔費用と比べ、値段も千円下部という気軽に使える料金だし、また、体躯ソープを押すと、フワリの泡が出る泡タイプなので、手で泡立てずにラクラク洗顔できるのも嬉しいです。

因みに、乳児の体躯ソープですが、全体照準といった髪だけを洗う赤ん坊洗髪がありますが、身は全体照準としている。調べてみると、赤ん坊洗髪も根源は同じようなものらしいですが、気持ち的に、乳児の顔つきも洗えるといううたう全体照準で洗うようにしています。マクサルト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です