わたしには一石二鳥三鳥の減量

30
わたしは、根っから太った事のないタイプで、小学校からハイスクール三年生までますますバレーボールを通じていました。四方よりは必ずよく食べると言われていましたが、スポーツを通じていたので肥えることはありませんでした。

ただし、大学2ご時世になった内、お酒を飲み込むようになり、夜の仕事をし出したので、ライフが夜型になりました。夜中に食べ物を食べたりお酒を飲んだりやるうちに、3ヶ月ほどで5距離伸びしてしまいました。

でもそのライフを続けていると誠にそこから2ヶ月で日増しにウェイトは目立ち、もっと7距離も太ってしまいました。5ヶ月で12距離も太ってしまったわたしは、ようやく減量を気持ちしました。

わたしが始めた減量は、100グラム減量というものです。これは、料理の内容はなんでもかわいく、好きなものをなんでも食べて素晴らしい代わりに、一度の料理容積を100グラムとして1タームおきに食事を摂るはでした。

料理を極端に切り落としたり、食するものを制限されることは、摂る事が大好きなわたしには本当に負荷だと思いました。ですから、こういう100グラム減量なら好きなものを食べられるし、100グラムで物足りなかったとしても1ターム経てばまた何か食べられるので、続けられる考えがしました。

すぐさま減量を開始しました。大学の方面の合間に召し上がるために、100グラムずつに分割したおにぎりや、副食をデイリーお弁当入れ物に入れて持って行きました。

初めは、100グラムでは食べた考えがしなくて我慢するのが辛かったですが、1ターム方面にあたってまた食べられるので、少しずつ100グラムで十分になって行きました。

不思議なことに、カロリーやサッカリドなど何一部気にせず食べているのに体重が減り動き出し、しかも食べる容積もまるごと減りました。いよいよ2ヶ月で5距離の減量に成功しました。そしたらさらに継続していると、開始から3ヶ月幾分ほどでウェイトの収まる容積が一度停滞しましたが、5ヶ月ほどからまた減って、最終的に半年で10距離の減量に成功しました。

こういう減量の一番のポイントは、時々食べをすることです。健康は空腹を感じると、次に用いる料理の栄養素の会得割合が極めて良くなるそうです。

ですから、毎日において食べた容積が同じでも、空腹を感じてから根こそぎ採り入れるのと、空腹の病状を落とし少しずつ食事を摂るのとでは、会得割合が違うのです。

食べたものを合計吸収してしまうと、それを消費することは難しくなります。ですから、毎日の料理の実力は変えなくても、会得割合を抑えらことができるのです。

しかも、一度に採り入れる容積を燃やすため、胃が小さくなって少食になるというアドバンテージもあり、わたしには一石二鳥三鳥の減量でした。現代の多くの女性の悩み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です