ついにコンビニエンスストア

173センチ、100移動といった思う存分太っていたぼくは、太っている自覚はあれど痩せようは決して思ってませんでした。
2016時期のある夏場の日、緩やかな上り坂を自転車で登っていると、心臓を何かで刺されたような痛苦が襲いました。
ズキンという素晴らしい痛苦が走った時間、直感的にヤバい!って確信するような痛苦でした。
心臓発作?軽々しい心筋梗塞?といった、表面回廊の歩道で気持ち戦場状態で立ち尽くしました。
しばらくして、極力心臓に手ように自転車から降りのほほんと歩いてわが家へという歩き回りながら頭の中は「痩せないって死ぬかもしれない」ので一杯になりました。
我が家にたどり着くなり一生懸命端末を立ち上げ、シェイプアップ方を検索するととある言語が目につきました。
「糖質シェイプアップ」
沢山のHP、WEBが糖質シェイプアップがどんなに痩せられるかを語っていて、読み進めれば読み切るほど有難いものに思えます。
ざっくりと目を通した収益、私の脳が拾ったフレーズは「主食を食べない」「肉はOK」「バランスの良いめし」「リカーなら呑み放題」などでしたので、
肉を食べながらお酒を飲んでよろしいシェイプアップですと同意をし、翌日から始めました。

糖のマテリアルとなるアメリカ・小麦・ジャガイモ等の炭水化物、密接サッカリドです砂糖を取らなければいいと理解していたので、
それならばって既製物品のレトルトソース、香味料、果ては練り物グッズなどに入ってる糖も取らないようにしました。
サッカリドを取らないと肝臓がケトン体調という精気リソースを脂質から創るようになるという一文も覚えていたので特に糖を取らないということを徹底しました。

最初は辛かったですが、糖を取らない日が3日、ゼロウィーク、10日といった貫くといった
「今、サッカリドを取ってしまったら根気した連日が台無しになる」というガッツが出て来たので積み重ねることができました。
やや糖質、サッカリドを全くと言って良いほど取らず、その痛手や空腹をはぐらかす為に酩酊をしお父さんっと寝て仕舞うという生活をしていました。

ゼロか月経つか経たないかのうち、近所の書房まで30食い分ほどの道程を歩いていた場合これはきました。
歩きが前に一歩も進まなくなったのです。電池が切れたフィギュア自身でした。

完全体調不良を感じながらもついにコンビニエンスストアに行き、おにぎりを食べて30食い分ほど一心にしているとバイタリティーというスタミナが回復したので事なきを得ましたが、
糖質シェイプアップは気持ちよく読んだとか聞きかじった程度で手を出してはならないものだし、
シェイプアップは「急いては事をよろける」物体ですという痛感しました。
今は果たして余裕範囲で永年的目でみた体調管理、めしかじ取りにプラスアルファ程度のシェイプアップをしています。EDに効果のあるサプリとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です